増額するには

 

カードローンに申込みますと、利用者それぞれに「借入限度額」という金額が設定されます。

 

借入限度額とは割とそのままの名称でして「この金額まででしたら融資しますよ」という金額です。

 

最初の借入限度額は審査結果にもよるのですが、基本的には少額に設定されます。

 

消費者金融・銀行も初対面の方にいきなり借入限度額を高額にするわけにはいかないので、少額になるのです。

 

この借入限度額を高額にしていくことを増額といいます。

 

増額ですが、各銀行・消費者金融で申請をすることで借入限度額を増額していくことが可能です。

 

各銀行・消費者金融には最高限度額という制限がありますが、大手銀行・消費者金融でしたらその金額も高額なので、増額していきやすくなっております。

 

下記では増額するための方法や手続きについて解説しますので、ぜひご参考にしてください。

 

 

増額する方法

 

増額する方法ですが、各消費者金融・銀行に「増額審査」を申し込み、その審査に通過することで増額出来ます。

 

初回審査とは異なり、改めて行われる消費者金融・銀行の増額審査に通過する必要がありますので、再度審査対策をしておきましょう。

 

増額審査に通過できれば、借入限度額が増額され、尚且つ金利が引き下がることもあります。

 

そのため、増額審査対策をきちんと行って借入限度額の増額を行っていきましょう。

 

銀行・消費者金融の増額審査では、初回審査と同じように収入の安定性が確かめられております。

 

初回審査時の収入の安定性が保たれていれば審査通過は見込めますが、より高額にしていくためには収入の金額自体も高額になっているとより審査に通過できる見込みが強まるのです。

 

また、増額審査では収入状況の他に、返済状況も確認されております。

 

期日どおりの返済を重ねておくことで増額審査に有利になりますが、延滞などがあると審査通過が見込めなくなってしまいますのでご注意ください。

 

増額する方法としては、増額審査に通過する必要がありますので、その対策をしておきましょう。

 

 

増額の手続き

 

増額の手続きですが、基本的には利用者側から増額を申請することになります。

 

各消費者金融・銀行はインターネット上に会員ページなどを設置していますが、その会員ページにアクセスして増額申請するのが一般的です。

 

増額申請の手続き自体は簡単ですので、すぐに手続きは完了するでしょう。

 

消費者金融・銀行によっては書類提出などを求めてくることもありますので、その書類をご準備ください。

 

なお、初回申し込みの時と職場が異なりますと、職場の住所地が記入された書類などの提出を求められることもあります(大抵は給与明細書)。

 

そういった書類を画像のアップロードなどで提出すれば、増額審査が開始されます。

 

先ほど解説した審査対策などを行っておけば、増額審査に通過でき、そのまま増額ができるでしょう。

 

以上では増額のことを大まかに説明しましたが、さらに詳しい解説を当カテゴリーの各解説記事に記載します。

 

特に増額審査などに関する情報をもっと知っておきたいという方は、ぜひ各解説記事もご参照ください。